使用状況とクラッシュ関連データのレポートを有効にする

このポリシーを有効にした場合、デフォルトで匿名のレポートが有効になり、Chrome の使用状況とクラッシュに関するデータが Google に送信されます。ユーザーは Chrome の設定でこの動作を変更できます。

このポリシーを無効にした場合、匿名のレポートは無効になり、使用状況とクラッシュに関するデータは Google に送信されません。ユーザーはこの設定を変更できません。

このポリシーを設定しない場合、ユーザーはインストール時または初回起動時に匿名のレポートを送信するかどうかを選択し、Chrome の設定でこの動作を後から変更できます。

このポリシーは、Microsoft® Active Directory® ドメインに追加された Windows インスタンス、デバイスの管理対象として登録された Windows 10 Pro または Enterprise インスタンス、MDM を介して管理されるか MCX を介してドメインに追加された macOS インスタンスでのみ使用できます。

(Chrome OS については DeviceMetricsReportingEnabled をご覧ください。)

サポートされるバージョン: Microsoft Windows 7 以降

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome
Value NameMetricsReportingEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)