セーフ ブラウジングの詳細レポートを有効にする

このポリシーを有効に設定した場合、Google Chrome でセーフ ブラウジングの詳細レポートが有効になり、危険なアプリやサイトの検出に役立てる目的でシステム情報の一部やページのコンテンツが Google サーバーに送信されます。

このポリシーを無効に設定した場合、レポートは送信されません。

このポリシーを設定した場合、ユーザーは設定を変更できません。設定しない場合、レポートを送信するかどうかをユーザーが指定できます。

セーフ ブラウジングについて詳しくは、https://developers.google.com/safe-browsing をご覧ください。

サポートされるバージョン: Microsoft Windows 7 以降

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome
Value NameSafeBrowsingExtendedReportingEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)