特定のベンダー ID と製品 ID を持つ USB デバイスへの接続を自動的にこれらのサイトに許可する。

指定したベンダー ID と製品 ID の USB デバイスへのアクセスを自動的に許可するサイトを、URL のリストで設定します。このポリシーが有効になるためには、リストの各項目でデバイスと URL の両方を指定する必要があります。デバイスの各項目にはベンダー ID と製品 ID を指定できます。指定されていない ID はワイルドカードとして扱われますが、例外として、製品 ID を指定するのであればベンダー ID も指定する必要があります。ベンダー ID の指定なしで製品 ID のみを指定した場合、このポリシーは無効となり、無視されます。

USB のアクセス許可モデルでは、リクエスト元のサイトの URL(以下「リクエスト元 URL」)と最上位フレームサイトの URL(以下「埋め込み元 URL」)を使用して、リクエスト元 URL に USB デバイスへのアクセスを許可します。リクエスト元のサイトが iframe 内で読み込まれている場合、リクエスト元 URL と埋め込み元 URL は異なる可能性があります。このため、「urls」フィールドには、リクエスト元 URL と埋め込み元 URL をカンマで区切って、最大 2 つの URL 文字列を指定することができます。URL を 1 つだけ指定した場合、対応する USB デバイスへのアクセスは、リクエスト元のサイトの URL がこの URL と一致した場合に、埋め込みの状態にかかわらず許可されます。「urls」フィールドの URL には必ず有効な URL を指定してください。無効な URL を指定した場合、このポリシーは無視されます。

このポリシーが未設定の場合は、すべてのサイトでグローバルなデフォルト値(「DefaultWebUsbGuardSetting」ポリシーで値が設定されている場合はその値、設定されていない場合はユーザーの個人設定の値)が使用されます。

このポリシーで指定する URL パターンは、WebUsbBlockedForUrls ポリシーで指定する URL パターンと競合しないようにする必要があります。競合する場合は、WebUsbBlockedForUrls や WebUsbAskForUrls よりもこのポリシーが優先されます。
スキーマと書式設定について詳しくは、https://cloud.google.com/docs/chrome-enterprise/policies/?policy=WebUsbAllowDevicesForUrls をご覧ください。

サンプル値:

[
{
"urls": [
"https://google.com",
"https://requesting.com,https://embedded.com"
],
"devices": [
{
"vendor_id": 1234,
"product_id": 5678
}
]
}
]

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

特定のベンダー ID と製品 ID を持つ USB デバイスへの接続を自動的にこれらのサイトに許可する。(1 行入力欄はサポートを終了し、今後削除する予定です。下の複数行入力欄を使用するようにしてください)。

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameWebUsbAllowDevicesForUrls
Value TypeREG_SZ
Default Value


Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameWebUsbAllowDevicesForUrls
Value TypeREG_MULTI_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)