統合デスクトップを使用可能にし、デフォルトで有効にする

このポリシーが true に設定されている場合、統合デスクトップは使用可能となり、
既定で有効になります。この場合、複数のディスプレイをまたいで
アプリケーションを表示することができます。ユーザーは個々のディスプレイで
統合デスクトップを無効にすることができます。それには、ディスプレイの設定で
該当のチェックボックスをオフにします。

このポリシーが false に設定されているか未設定の場合、統合デスクトップは
無効になります。この場合、ユーザーがこの機能を有効にすることは
できません。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameUnifiedDesktopEnabledByDefault
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)