タイムゾーン

デバイスで使用する既定のタイムゾーンを指定します。このポリシーが設定されている場合、デバイスのユーザーは指定されたタイムゾーンを変更できません。無効な値を指定してもポリシーは有効で、この場合は「GMT」が使用されます。空白の文字列を指定した場合、ポリシーは無視されます。

このポリシーを使用しない場合、現在有効になっているタイムゾーンが引き続き使用され、ユーザーはタイムゾーンを変更できます。

新しいデバイスを起動すると、タイムゾーンは「アメリカ太平洋標準時」に設定されます。

値の形式は「IANA Time Zone Database」のタイムゾーン名に準拠します(https://ja.wikipedia.org/wiki/Tz_database をご覧ください)。ほとんどのタイムゾーンは「continent/large_city」または「ocean/large_city」という形式で表されます。

このポリシーを設定した場合、デバイスの位置情報に基づくタイムゾーンの自動解決は完全に無効になります。また、このポリシーは SystemTimezoneAutomaticDetection ポリシーより優先されます。

サンプル値: America/Los_Angeles

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

タイムゾーン

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameSystemTimezone
Value TypeREG_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)