画面ロック遅延時間

AC 電源またはバッテリーでの実行時に、ユーザー入力が行われなくなってから画面がロックされるまでの時間を指定します。

この時間をゼロより大きい値に設定した場合、値は Google Chrome OS の画面がロックされるまでのアイドル時間を表します。

この時間をゼロに設定した場合、アイドル状態になっても Google Chrome OS の画面はロックされません。

この時間を設定しない場合は、デフォルトの時間が使用されます。

アイドル状態になったときに画面をロックする方法としては、停止時の画面ロックを有効にして、アイドル時間経過後に Google Chrome OS が停止状態になるように設定する方法をおすすめします。このポリシーは、停止状態になるのを待たずに画面をロックする場合、またはアイドル時の停止を希望しない場合にのみ使用してください。

ポリシーの値はミリ秒単位で指定してください。アイドル時間より長い値は指定できません。
スキーマと書式設定について詳しくは、https://cloud.google.com/docs/chrome-enterprise/policies/?policy=ScreenLockDelays をご覧ください。

サンプル値:

{
"Battery": 300000,
"AC": 600000
}

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

画面ロック遅延時間(1 行入力欄はサポートを終了し、今後削除する予定です。下の複数行入力欄を使用するようにしてください)。

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameScreenLockDelays
Value TypeREG_SZ
Default Value


Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameScreenLockDelays
Value TypeREG_MULTI_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)