ブラウザの履歴の保存を無効にする

Google Chrome のブラウザ履歴の保存を無効にし、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。

この設定を有効にすると、閲覧履歴は保存されません。また、タブの同期も無効になります。

この設定を無効にした場合、または未設定の場合は、閲覧履歴が保存されます。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameSavingBrowserHistoryDisabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)