ローカルの信頼済みアンカーでオンラインの OCSP/CRL チェックを必須にする

この設定が有効な場合、確認に成功しローカルのインストール済み CA 証明書で署名されたサーバー証明書に対し、Google Chrome は常に失効確認を行います。

Google Chrome が失効のステータス情報を取得できない場合、該当の証明書は失効したものとして扱われます(強制エラー)。

このポリシーが設定されていないか false に設定されている場合、Google Chrome は既存のオンライン失効確認設定を使用します。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameRequireOnlineRevocationChecksForLocalAnchors
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)