外部プリント サーバー

使用できるプリント サーバーの設定を指定します。

このポリシーでは、外部プリント サーバーの設定を JSON ファイルとして Google Chrome OS デバイスに渡すよう設定できます。

ファイルのサイズは 1 MB 以下とし、レコード(JSON オブジェクト)の配列を含める必要があります。各レコードには、「id」、「url」、「display_name」フィールドを文字列値で指定する必要があります。

「id」フィールドの値は固有でなければなりません。

ファイルはダウンロードされた後、キャッシュされます。ダウンロードの整合性は、暗号化ハッシュを使用して確認されます。URL またはハッシュに変更があった場合は、ファイルが再度ダウンロードされます。

このポリシーに正しい値を設定した場合、デバイスは指定のプリント サーバーに IPP プロトコルを使用してクエリを送信し、使用可能なプリンタを確認します。

このポリシーを設定しないか、無効な値を設定した場合、サーバー プリンタはユーザーに表示されません。

現在のところ、指定できるプリント サーバーは 16 件までです。これより多く指定した場合、リストの最初の 16 件のプリント サーバーにのみクエリが送信されます。

スキーマと書式設定について詳しくは、https://cloud.google.com/docs/chrome-enterprise/policies/?policy=ExternalPrintServers をご覧ください。

サンプル値:

{
"url": "https://example.com/printserverpolicy",
"hash": "deadbeefdeadbeefdeadbeefdeadbeefdeafdeadbeefdeadbeef"
}

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

外部プリント サーバー(1 行入力欄はサポートを終了し、今後削除する予定です。下の複数行入力欄を使用するようにしてください)。

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameExternalPrintServers
Value TypeREG_SZ
Default Value


Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameExternalPrintServers
Value TypeREG_MULTI_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)