拡張機能インストールのブラックリストを設定する

ユーザーによるインストールを禁止する拡張機能を指定できます。すでにインストールされている拡張機能をブラックリスト登録した場合、その拡張機能は無効になり、ユーザーが有効にすることはできません。ブラックリスト登録して無効になった拡張機能は、ブラックリストから削除すると自動的に再度有効になります。

値「*」を指定すると、すべての拡張機能をブラックリスト登録することになります(明示的にホワイトリスト登録している拡張機能は除外されます)。

このポリシーが未設定の場合、ユーザーは Google Chrome にあらゆる拡張機能をインストールできます。

サンプル値:

extension_id1
extension_id2

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

ユーザーに対してインストールを禁止する拡張機能 ID (すべて指定する場合は *)

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS\ExtensionInstallBlacklist
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)