許可されるアプリ/拡張機能のタイプを設定する

インストールを許可するアプリや拡張機能のタイプを指定し、ランタイム アクセスを制限します。

この設定では、Google Chrome にインストールできる拡張機能やアプリのタイプと、その通信先のホストをホワイトリスト登録します。値は文字列のリストで、各項目は「extension」、「theme」、「user_script」、「hosted_app」、「legacy_packaged_app」、「platform_app」のいずれかとなります。これらのタイプについて詳しくは、Google Chrome 拡張機能のドキュメントをご覧ください。

このポリシーは、ExtensionInstallForcelist で指定された、強制インストールされる拡張機能やアプリにも影響します。

この設定を指定した場合、リストにないタイプの拡張機能やアプリはインストールされません。

この設定が未指定の場合、インストールできる拡張機能やアプリのタイプに関して制限は適用されません。

複数の拡張機能 ID をカンマで区切って指定している 75 より前のバージョンについてはサポートされておらず、スキップされます。ポリシーのその他の部分については、引き続き適用されます。

サンプル値:

hosted_app

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

インストールが許可されている拡張機能/アプリのタイプ

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS\ExtensionAllowedTypes
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)