再起動のたびにデフォルトのディスプレイ回転方法を再適用する

このポリシーが設定されている場合、個々のディスプレイは再起動のときに毎回と、ポリシーの値が変更されてから最初に接続が行われるときに、指定方向に回転します。ユーザーはログイン後に設定ページからディスプレイの回転方法を変更することができますが、次に再起動したときにはポリシーの値が再適用されます。

このポリシーは、メインのディスプレイと予備のディスプレイすべてに適用されます。

このポリシーが未設定の場合、既定値として 0 度が使用されます。ユーザーはこの値を自由に変更できます。この場合、再起動時に既定値が再適用されることはありません。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

再起動のたびにデフォルトのディスプレイ回転方法を再適用する


  1. 画面を 0 度回転(回転なし)
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameDisplayRotationDefault
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 画面を時計回りに 90 度回転
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameDisplayRotationDefault
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. 画面を 180 度回転
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameDisplayRotationDefault
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  4. 画面を時計回りに 270 度回転
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameDisplayRotationDefault
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)