USB 電力共有を有効にする

USB 電力共有の電力管理ポリシーを有効にします。

特定のデバイスでは、稲妻のマークやバッテリー アイコンが付いた USB ポートを搭載しており、このポートを使ってシステムのバッテリーからスマートフォンなどのデバイスを充電することができます。このポリシーは、システムがスリープモードまたはシャットダウン モード時の、このポートの充電動作に作用します。他の USB ポートや、システムがスリープモードから復帰しているときの充電動作には作用しません。

システムがスリープモードから復帰している場合、この USB ポートは常に電力を供給します。

システムがスリープモードの場合は、このポリシーを true に設定していて、デバイスがコンセントに接続されているかバッテリー残量が 50% を上回っていれば、この USB ポートに電力が供給されます。それ以外の場合、電力は供給されません。

システムがシャットダウン モードの場合は、このポリシーを true に設定していて、デバイスがコンセントに接続されていれば、この USB ポートに電力が供給されます。それ以外の場合、電力は供給されません。

このポリシーを未設定のままにした場合、ポリシーは有効となり、ユーザーが無効にすることはできません。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameDeviceUsbPowerShareEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)