インストール済みクライアント証明書の管理をユーザーに許可する。

このポリシーでは、証明書マネージャーによるクライアント証明書のインポートや削除をユーザーに許可するかどうかを制御します。

このポリシーが「すべての証明書の管理をユーザーに許可する」に設定されているか、未設定の場合、ユーザーは証明書を管理できます。

このポリシーが「ユーザー証明書の管理をユーザーに許可する」に設定されている場合、ユーザーはユーザー証明書を管理することはできますが、デバイス全体の証明書を管理することはできません。
このポリシーが「証明書の管理をユーザーに許可しない」に設定されている場合、ユーザーは証明書を管理できず、証明書の表示のみ可能となります。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

インストール済みクライアント証明書の管理をユーザーに許可する。


  1. すべての証明書の管理をユーザーに許可する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameClientCertificateManagementAllowed
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. ユーザー証明書の管理をユーザーに許可する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameClientCertificateManagementAllowed
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. 証明書の管理をユーザーに許可しない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameClientCertificateManagementAllowed
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)