キャプティブ ポータル認証でプロキシを無視する

このポリシーを使用して、Google Chrome OS がキャプティブ ポータル認証のプロキシをパイパスすることを許可します。

このポリシーは、プロキシが(ポリシーの使用、ユーザーによる chrome://settings の設定、拡張機能などによって)設定されている場合のみ適用されます。

この設定が有効の場合、キャプティブ ポータル認証ページ(Google Chrome で正常なインターネット接続が検出されるまで、最初にキャプティブ ポータルのログインページを表示する、すべてのウェブページ)は、別のウィンドウに表示されます。このウィンドウでは、現在のユーザーのポリシーの設定や制限はすべて無視されます。

この設定が無効または未設定の場合、キャプティブ ポータル認証ページは(通常の)新しいブラウザタブに表示され、現在のユーザーのプロキシ設定が使用されます。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameCaptivePortalAuthenticationIgnoresProxy
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)