指定した発行元に対してサイト分離を有効にする


このポリシーが有効に設定されている場合、カンマ区切りのリストで
指定された発行元が各自のプロセスで実行されます。また、サブドメインによって指定された発行元も分離されます。
たとえば、https://example.com/ と指定すると、
https://foo.example.com/ も https://example.com/ サイトの一部として
分離されます。
このポリシーが未設定または無効に設定されている場合、ユーザーはこの設定を変更できます。

注: このポリシーは Android には適用されません。Android で IsolateOrigins を有効にするには、IsolateOriginsAndroid ポリシーの設定を使用してください。

サンプル値: https://example.com/,https://othersite.org/

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

指定した発行元に対してサイト分離を有効にする

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome
Value NameIsolateOrigins
Value TypeREG_SZ
Default Value

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)