組み込みの DNS クライアントを使用する

組み込みの DNS クライアントを Google Chrome で使用するかどうかを管理します。

このポリシーは、使用する DNS サーバーではなく、DNS サーバーとの通信に使用するソフトウェア スタックに影響します。たとえば、オペレーティング システムで企業の DNS サーバーを使用するよう設定されている場合、組み込みの DNS クライアントでも同じサーバーが使用されます。ただし、組み込みの DNS クライアントでは、DNS-over-TLS などの新しい DNS 関連プロトコルを使用して、サーバーの名前解決を別の方法で行う場合もあります。

このポリシーを true に設定した場合は、組み込みの DNS クライアントが使用されます(可能な場合)。

このポリシーを false に設定した場合、組み込みの DNS クライアントは使用されません。

このポリシーを未設定のままにした場合、MacOS、Android(プライベート DNS も VPN も有効にしていない場合)、Chrome OS では組み込みの DNS クライアントがデフォルトで有効になります。ただし、ユーザーは chrome://flags を編集するかコマンドライン フラグを指定することで、組み込みの DNS クライアントを使用するかどうかを変更できます。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome
Value NameBuiltInDnsClientEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)