G Suite へのアクセスを許可するドメインを定義する

G Suite で Google Chrome の制限付きログイン機能を有効にするとともに、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。

この設定を指定した場合、ユーザーは指定ドメインのアカウントでのみ
G Suite にアクセスできます(gmail.com/googlemail.com アカウント
を許可する場合は、「consumer_accounts」(かぎ括弧なし)をドメインの
リストに追加する必要があります)。

この設定により、Google の認証を必要とする管理対象のデバイス上では、
アカウントが上述の許可済みドメインのリストに含まれていない場合に、
ユーザーはログインしたり予備のアカウントを追加したりできなくなります。

この設定を空白または未設定のままにした場合、ユーザーはどのアカウント
でも G Suite にアクセスできます。

このポリシーにより、すべての google.com ドメインに対するすべての HTTP
および HTTPS リクエストに X-GoogApps-Allowed-Domains ヘッダーが追加されます。
詳しくは https://support.google.com/a/answer/1668854 をご覧ください。

ユーザーがこの設定を変更またはオーバーライドすることはできません。

サンプル値: managedchrome.com,example.com

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

G Suite へのアクセスを許可するドメインを定義する

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome
Value NameAllowedDomainsForApps
Value TypeREG_SZ
Default Value

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)